• ホーム
  • 少しお肌が荒れている気がする?それはアーユルヴェーダの好転反応

少しお肌が荒れている気がする?それはアーユルヴェーダの好転反応

2020年05月27日
肌がきれいなので自信を持っている女性

アーユルヴェーダを取り入れたときに少し肌が荒れることがありますが、それは好転反応が起こった可能性もあります。排出をつかさどっている管が、急激に動き出したことが原因で特にスロータスマッサージに起こりやすいです。これはアーユルヴェーダで行われる全身の代謝を左右させる、管を綺麗に掃除し代謝がスムーズに行われるようにします。全身の代謝に関係している血管やリンパ管、腸や胃などの消化器官を全て含めたくさんの管を動かすので、体の中で急激に流れ始めます。今までは停滞していた部分が突然施術によって働き出すため、この変化で体がだるくなったり肌が荒れることもあります。

特に停滞の度合いが強いほど、流れがスムーズになると好転反応が起きやすくなります。スロータスマッサージには代謝活動を邪魔するものを、体外へ排出する目的がある技術です。色々なところに邪魔するものは潜んでいますが、溜まっているときは表面に出ることなく、体の中で代謝のみを妨げます。マッサージを行えば毒素が外へ出ようとするので、顔へ出現することが多くこれがむくみや肌荒れになって出てきます。オイルの効果が高いほど好転反応が起こりやすく、オイルのメイン成分は若がえりの成分として知られるごま油です。

血行促進や毒素排泄の効果が期待できる優秀なオイルで、毒素排泄がメイン効果になっているので好転反応が起こる確率が高くなります。マッサージをするための潤滑剤としてだけではなく、排泄を誘導させる働きを期待することができるオイルです。むくみは肌荒れなどはマッサージを行った後に起こりますが、排泄がスムーズにいかなければそれを促す必要があります。オイルで体内の毒素を流していくには、水分を補給することでさらに流れが良くなるため、トリートメントを受ける前後に水を飲みます。帰宅してからもこまめに水分を取ることで、強い好転反応を避けることができ、毒素だけが排出されます。

また、いち早く毒素を出す手間に、それを目的としたハーブを合わせることもでき、サプリメントやお茶などを摂取します。アーユルヴェーダでよく使われるハーブのサプリメントがあり、デトックス効果が期待できるものが良いです。好転反応はトリートメント効果がしっかりと出ているときの反応ですが、強すぎれば心地が悪く不快感につながります。水分やサプリメントを摂取しながら、スムーズに毒素を排出して定期的にトリートメントを受けることが大切です。

関連記事
飲んでシミを予防する!美肌に効くといわれる漢方薬の特徴

漢方の考えでは人の体は気や血、水の3つの要素がバランスをとりながら体の中を巡っており、健康な体の維持をしていると考えます。シミはその3つの中の血で、滞りが影響していると考えられているので、血の巡りが悪いことでシミができやすくなっています。血流をよくすれば血が肌の表皮までしっかりと届くので、シミを外へ

2020年06月28日
何度も繰り返す大人ニキビの根本的な原因と自分でできる対策方法

大人ニキビは思春期にできるものとは違い、なんども繰り返したりするのでとてもやっかいです。原因はストレスや不規則な生活、睡眠不足や間違えたスキンケアなどが挙げられます。皮脂の分泌が増えたりターンオーバーのサイクルが乱れることで、毛穴が角栓で塞がれるのでニキビができます。塞がれた毛穴の中では皮脂が酸化し

2020年05月30日
アーユルヴェーダのサプリメントは手軽に通販で買える!

美容や医療の面で、アーユルヴェーダのハーブを使用する頻度が高まってきましたが、その結果世界中で注目を浴びています。多くの人に認められている効果ですが、現在は次々とサプリメントや薬・化粧品として製品化されます。アーユルヴェーダの考えで、自然治癒力は本来は生命に備わっているものですが、それを高めて健康的

2020年05月25日
インド人女性のスキンケアはアーユルヴェーダに基づくもの?

インドは外に出れば40度を超える気温で、真夏は最高48度になるくらい暑く突き刺すような日差しです。その中でもインド人女性の肌は綺麗な肌を保っていることが多く、その秘訣は昔から伝わるアーユルヴェーダがもとになっています。アーユルヴェーダは5000年くらい前から、インドに伝わる医学でもあり実践的な健康法

2020年05月22日