肌を気にする女性

アーユルヴェーダとヨガには関係があり、ヨガはインドの6派哲学の一つで、アーユルヴェーダと同様でヴェーダから派生した哲学です。心や身体と意識を元にしたテクノロジーで、ヴェーダは紀元前1000年から500年ごろにインドで始まります。編纂された文献から始まり、知識と科学という意味を持ち合わせています。アーユルヴェーダの知恵については、賢者がヨガの瞑想をしているときに作り出したものだとされます。現在は世界中の多くの人の生活の中で親しまれているヨガですが、アーユルヴェーダとは兄弟のような関係になります。

ヨガは一般的に体を柔らかくするために行うイメージがありますが、体の柔らかさはそれほど関係ないのが現状です。アーユルヴェーダと同様で、心や体・意識を中心にしたもので、体が柔らかく動くことは重要視されていません。ヨガはポーズや呼吸法などの要素から成り立っていて、実践すると体に良い影響を与えながら、美容健康や心の状態をよくしていきます。健康面では糖尿病や心臓病をはじめとした生活習慣病を予防する効果があり、老化防止についても期待できます。様々なヨガの形がありますが、ポーズや瞑想などといった心と直に向き合う時間をとります。

アーユルヴェーダの中にある知恵や、壮大な哲学までも変革する力を秘めています。ヨガといえばポーズを連想しますが、それよりも呼吸法や瞑想法の方が重要になっています。アーユルヴェーダは個人差はありますが、幅広い効果を期待することができ、一人一人の体質や体調に合わせて行います。一つの手段にとどまらず、無数の手段を持っている医学なので、ダイエットや冷え性・アンチエイジングまで効果があります。もともと医学としての意味合いがありますが、発祥の地であるインドでは病院で治療を受けることと同時に、家庭の医学として実践していることが多いです。

体内には3つのエネルギーが存在しているとされ、そのバランスが崩れることで病気になるとされます。体のバランスが整えば本来の機能を取り戻し、健康面でも効果を発揮することがアーユルヴェーダの理論です。ヴァータのバランスが乱れた場合、肩こりや不眠症など女性が悩む不調が起こりやすくなります。精神的にも落ち着かず、飲酒が多くなったり衝動買いをしてしまうなどの行動が目立ち始めます。アーユルヴェーダは疲労回復にも役立つため、インドの人の医学の根本的な考えになっています。